【桐生祥秀選手】2017年インタビューPart.3:学生ラストシーズンを見据えて。

DSC03568

多くのトップアスリートとも交流がある桐生選手。五輪後には一層その接点も増した様子。トラック外での姿にフォーカスをあてます。同チームのウォルシュ・ジュリアン選手についても語ってもらいました。そして、二人を中心に東洋大学が挑む2017年シーズンの野望。桐生選手個人の目標とともに、お話いただきました。


オリンピック後の桐生選手の変化について、陸上から離れた部分でもお聞きできればと思っています。多くのトップアスリートと接点をもたれた機会が多かったんじゃないでしょうか。テニスの錦織圭選手であったり、プロ野球の松井裕樹選手、そういった選手と一緒になる機会が多かったかと思います。影響を受けた部分はありますか?

桐生選手
いや、影響というよりは、知り合って話して「面白い方たちだな」という感じです。知り合ってから(彼らが出ている)テレビを観るようになりましたね。元々スポーツ観戦はあんまりしないんですけど。

-錦織選手の試合も観戦に行かれてましたよね。その時が初めてだったんですか?

桐生選手
錦織さんとは大学1年から連絡を取り合っていて。観に行きたいなとは思っていたんですけど、やっぱり観に行けるタイミングが全然合わなくて。あの時は偶然一回戦だけ観にいけました。本当に楽しかったですね。

-実際にお二人でお会いしているときは、競技の話というのはそんなにはされないんでしょうか?

桐生選手
そんなにしないですね。なんかすごく真剣な話とかじゃなくて、フレンドリーにというか、普通に喋る感じですね。

-周りが勝手にイメージするような、アスリート同士で刺激しあってというような関係とは、少し違うような感じだったりするんでしょうか?

桐生選手
僕は基本アスリート同士でも、そんなにアスリートとしての会話はしないです。

-アスリートというところで同じチームに400mリオ五輪代表のウォルシュ・ジュリアン選手がいます。昨年急成長されましたが、ウォルシュ選手の優れている点は桐生選手にはどのように映ってらっしゃいますか?

桐生選手
一緒に練習してても凄いんですよ。200mとか300mとかはちょうどお互い(専門種目の距離の)間の距離なんで、練習を一緒にしてて。ジュリアンも練習に全力で取り組む人なんで、一緒に練習するのは凄くいいですね。

-練習パートナーとしても非常にいい関係が築けているということですね。
ウォルシュ選手といえば、筋骨隆々な肉体が印象的です。ああいう肉体を見て何か参考にされる部分というのはありますか?

桐生選手
ジュリアンは筋トレが趣味なんで。

-(笑)

桐生選手
練習というより、(ウォルシュ選手の)趣味です。

-少しウェイトトレーニングをやり過ぎだ、という話があったりするんですよね。

桐生選手
筋肉のつき方がやっぱり違いますし、三頭筋とかやたら大きいんですよね。

-ロングスプリントの選手の中でも際立った肉体になってますもんね。


-オフシーズンも多忙だったと思うんですけども、昨年は好きなアーティストのライブに行ってみたい、といった希望を持たれていました。なかなかそういった時間もとれなかったでしょうか。

桐生選手
丸々のオフはあんまりなかったです。

-そういった中でご自身の気持ちがリラックスできないような瞬間を感じられることなどはあったりしましたか?

桐生選手
いや、そんなにリラックスを感じないことはなかったです。

-ご自身で目標とされる結果を出された時は、記念に時計を買っていきたい、というお話がありました。今回はリオ五輪での結果を受けて記念に買われたんでしょうか?

桐生選手
メダルを取ったということで買いました。しかも、ちょうど欲しかったブランドのオリンピックモデルがあって。

-コレクションの中では何個目の時計になったんですか?

桐生選手
4つになりました。

-次に買われるタイミングとなると、大台の記録か、世界選手権での結果、というところでしょうか。

桐生選手
そうですね。

-では今シーズンの目標について聞かせてください。記録なのか、結果なのか、それともご自身の中で目指される何かなのか、お話しいただけますか。

桐生選手
とりあえず、今シーズンは100mと200mにもチャレンジしたいと思っています。200mではもちろんベスト更新を。200mの方がどちらかというと狙いやすいというか、まだまだいけそうな感じもあります。200mを走ることによって100mの後半の伸びにもつながってくる思うんです。どちらももちろんベストは狙いますし、やっぱ大きな目標は世界陸上です。リレーでも期待は大きいと思うんで、しっかりメンバーに選ばれて走るということもありますけども、やっぱりリオ五輪は個人でで悔しい想いをしているので、個人でリベンジを果たしたい想いが強いです。

-桐生選手ご自身の発言で、「今は国内でも自分が追っていく立場にもなってきている」という話がありました。国内で勝つこと自体、凄く難しくなってきていると思いますが、日本選手権で戦っていくライバルに対して何か意識される部分はありますか?

桐生選手
特別な意識はないんですよね。

-向き合われているのご自身だけ、ということですね。

桐生選手
そうです。

-目標タイムに関しても、はっきり何秒というのを持たれているわけではない、ということなんでしょうか?

桐生選手
具体的に何秒というのは持ってないですね。

-200mの自己ベストでいくと、ちょっと更新するだけでは全然物足りないんじゃないかと想像しています。ケンブリッジ選手も今季参戦してくるかもしれませんし、飯塚選手がいます。さらに激戦になる200mでの代表を意識されてらっしゃいますか?

桐生選手
本当に代表で出るとしたら100mの方を重視します。なので、200mでは自己ベストを出したいですね。やっぱり、100mのタイム×2ではいきたいなと思います。100mと200mのベストの差が、今はあまりにも離れすぎているので。200mでもどんどん縮めていかないとダメだと思います。

-単純に100m10.01を2倍したら日本記録(20.03)を超えるタイムとなりますね。
そして桐生選手は4月になると最終学年をむかえます。大学生としての最後の一年、東洋大学の一員として目指していることは、ありますか?

桐生選手
関東インカレで出場する種目は全部優勝したいです。監督が今回100m、200m、400m、4×100mR、4×400mRで、ジュリアンと合わせて全て勝ちに行くと。去年の日本インカレでは4×100mRが勝てなかったんですけど、もし勝てていれば東洋大が短距離全種目制覇だったので、今年改めて狙っていきます。

-もしかしたら、昨年の日本インカレのように4×400mRに桐生選手が登場する可能性も?

桐生選手
はい。でもマイルの人数はもう結構足りてると思うので(笑)。

-(笑)。ロングスプリント陣も充実してますよね。

桐生選手
もしかしたら、はありますが。出たくはないんですけどね(笑)。

-桐生選手の400mのレースで印象的なのは、高校3年で出場して加藤修也(早稲田大・当時浜名高3年)選手と一緒に走られた2013年のエコパのレースです。加藤選手が45.69、桐生選手は47.41でした。あの時に比べるとインカレのレースではしっかり対応されてらっしゃったと思いました。

桐生選手
日本インカレは、休憩が短いんですよ。

-なるほど(笑)。

桐生選手
個人200mから1時間後のマイル出走は、すごくしんどかったです(笑)。

-もしご自身の体力的に余裕があり、メンバーに不測の事態があった場合、スクランブルでの出場となってくるでしょうか。

桐生選手
そうですね。

-桐生選手が4×400mRに出走しないで済む状態であった時には、東洋大の短距離全種目制覇が近づいている状況かもしれませんね。

桐生選手
ええ、そうなっていると思います。

それでは最後の質問です。桐生選手は9秒台を一番に出したいですか?それとも一番速いタイムを最終的に出していたいですか?

桐生選手
(すこし考え)…どっちもです。どちらも自分が達成したいです。

-海外のレースかもしれませんし、シーズン序盤の織田記念かもしれないですし、素晴らしい結果を出されることを非常に楽しみにしております。今日はありがとうございました。

桐生選手
ありがとうございました。

1年ぶりにお会いした桐生選手。ひと目見て、上半身が大きくなっていることに驚きました。肩から首にかけて、たくましさを増した肉体。”現役最速”はまだまだ進化の途中にあることを実感しました。
一方で、お話される際の桐生選手は、昨年と同じような印象です。リオ五輪後の大フィーバーを経ても、自然体そのもの。おごりも気負いも感じられません。見据える先はさらなる高み。2020年に向けた最初のシーズンのチャレンジが始まりました。
桐生選手、取材へのご協力、ありがとうございました!




SNSでのシェアはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です